2012年01月30日

巨大地震の揺れ・沈下・津波、「京」で同時計算


 巨大地震の発生に伴う揺れと地盤沈下、津波をスーパーコンピューターで同時分析できるシステムの開発に、東京大学の研究チームが成功した。

 東日本大震災で起きた状況をほぼ再現できており、次世代スパコン「京(けい)」で実用化を図る。複合災害の精緻な被害予測に利用できる成果で、研究チームは東海・東南海・南海地震が同時発生する三連動地震の事前分析を計画している。

 東大総合防災情報研究センターの前田拓人特任助教らは、新システムを既存のスパコンに実装し、これまで別々に行っていた揺れや津波の広がり、地殻変動を再現する計算を同時に実施した。

 東日本大震災の状況をスパコン上で表現したところ、地震発生直後から10分後までに地震波が全国に伝わり、関東平野や仙台平野が沈降した。30分後以降からは大津波が沿岸を襲った。入力データ量は少ないが、分析結果はいずれも観測値に近く、システムの実用性が確認できた。

出典:読売新聞


posted by 時事 at 10:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

未確認大型類人猿「ビッグフット」、真剣に研究

 【ワシントン=山田哲朗】北米にいるとされる未知の大型類人猿「ビッグフット」を科学的に研究しようと、米アイダホ州立大が今月、世界初の専門の電子版学術誌を開設した。

 ビッグフットは、ゴリラを大きくしたような体格で二足歩行し、北米の太平洋側を中心に目撃や足跡の報告が絶えない。しかし、いたずらや見間違いも多く、科学界では長く、未確認飛行物体(UFO)や幽霊などと同様のたわごととして無視されてきた。

 ただ、足跡の中には、地面をけって滑った跡、足紋が全面に残るもの、骨格の発育不全、切り傷が治ったような跡などが見つかっている。一部の研究者は、ビッグフットは身長2メートル以上で夜行性で、約10万年前に絶滅した身長3メートルの巨大類人猿ギガントピテクスの生き残りが、当時陸続きだったベーリング海峡をわたって北米に分布を広げたのではないかなどと真剣に議論している。アジアの「雪男」(イエティ)などは近縁種とみられる。

 サイトは「残存ヒト上科の調査」と題され、一般的な学術誌と同じく専門家が投稿を審査する。第1号の論文は、カリフォルニア州のアメリカ先住民の「毛むくじゃらの男」に関する伝承や絵について報告した。

出典:読売新聞

posted by 時事 at 16:09| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

東京株、午前終値は115円高の8754円 欧米株上昇に続く

 20日の東京株式市場は大幅続伸、日経平均株価の午前終値は前日比115円03銭高の8754円71銭だった。8700円台は今年初めてで、8700円台後半は、昨年11月上旬以来約2カ月半ぶりの高値水準となる。

 寄り付きで前日比111円高の8751円と、今年初めて8700円台に乗せてスタート。一時140円高の8780円まで上昇した。終盤は利益確定売りなどでやや失速した。

 東証株価指数(TOPIX)は11.88ポイント高の752.56。出来高は概算で13億782万株、売買代金は6734億円と大商いで折り返した。1部銘柄のうち値上がり1240に対して値下がりは291とほぼ全面高。

 前日に実施されたスペインとフランス国債の入札が順調だったことで欧州債務危機への警戒感が後退。モルガン・スタンレーやバンク・オブ・アメリカなど米金融大手の決算が市場予想を上回ったことで、景気回復への期待感が高まった。

 米国、英国など欧米主要市場がそろって高水準で上げており、この流れを引き継いだ。

出典:産経新聞
posted by 時事 at 14:55| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

<HIV>「感染で退職強要された」看護師が2病院提訴


 HIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染の検査をした病院が、感染を無断で勤務先の病院に伝え退職を余儀なくされたとして、九州の20代の看護師が両病院を経営する2法人を相手に、慰謝料など計約1100万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。厚生労働省が都道府県に出したガイドラインは、医療現場を含めた職場でHIV感染が就業禁止の理由にならないと定めている。原告弁護士や専門家によると、医療従事者である看護師がHIV感染と退職を巡って提訴するのは初めてという。

 提訴は11日付。訴状によると、看護師は九州の総合病院に勤めていた昨年6月、目に異常を感じ複数の病院を受診。その後勤務先の総合病院にかかり、8月、紹介された大学病院での診察でHIV感染の可能性が浮上し、検査で陽性と判明した。

 看護師はHIV治療薬の副作用による体調不良などで一時的に病欠したが、大学病院の医師から「注射などで自分を刺して患者を刺すことはあり得ず、あったとしても感染させるリスクは小さいので上司に報告する必要もない。看護師を続けることは可能」と言われ、出勤した。

 しかし、勤務先の病院幹部らから「HIVが陽性という報告を受けた。患者への感染リスクがあるので休んでください」「業務規定では90日以上休むと退職扱いになる」などと言われ、大学病院から勤務先に感染の事実が伝わっていることを知った。看護師は休職し、11月末、病院を退職した。看護師は「診療情報が患者の同意なく別の病院に伝わったのは医師の守秘義務に反する」と主張している。

 大学病院と看護師が勤務していた病院は「訴状を見て対応したい。現時点でコメントできない」としている。

出典:毎日新聞
posted by 時事 at 10:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。