2013年07月30日

北陸から中国地方 引き続き大雨に警戒


 これまでの大雨により、北陸地方を中心に地盤が緩んでいる所や、河川の増水している所がある。気象庁は、きょう30日昼前にかけて、引き続き、土砂災害、河川の増水やはん濫、低地の浸水に警戒を呼びかけている。

 日本海から北陸地方にかけて停滞している前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込んでいる。このため、新潟県ではきのう29日夜遅くから、中越地方を中心に非常に激しい雨が続き、中国地方でもきょう30日未明から再び活発な雨雲がかかっている。

 気象庁は、新潟県長岡市付近で30日午前2時30分までの1時間に、島根県大田市付近でも30日午前7時までの1時間に、それぞれ約100ミリの降水があったとして、記録的短時間大雨情報を発表した。特に、北陸地方では、降り始めからの雨量が200ミリを超えて、地盤が緩んでいるため、土砂災害の危険性が高まっている所がある。

 西日本から東日本では、きょう30日昼過ぎにかけて、1時間に40ミリの激しい雨が降り、北陸地方や山陰地方では30日昼前にかけて、局地的に1時間に50ミリの非常に激しい雨の降るおそれがある。

 あす31日朝までに予想される雨量は、多い所で、山陰地方で100ミリ、北陸地方や山陽地方、山口県で80ミリ、東海地方で60ミリの見込み。

 さらに、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要だ。気象庁は、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めるよう呼びかけている。

出典:ウェザーマップ


最近雨でじめじめしていて嫌ですね…><



posted by 時事 at 11:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。