2014年01月29日

<トヨタ自動車>メーカー初の世界生産年間1000万台達成


 トヨタ自動車は29日、2013年の世界生産(ダイハツ工業、日野自動車含む)が前年比2.1%増の1011万台だったと発表した。世界の自動車メーカーで初めて年間生産台数が1000万台を超えた。14年の生産台数も過去最高の1043万台を計画している。

 生産の内訳は、国内が同2.9%減の429万台、海外は6.1%増の582万台。メーカー別の生産台数はトヨタが1.8%増の889万台、ダイハツは4.9%増の104万台、日野が2.1%増の17万台だった。

 トヨタは13年の世界販売が2.4%増の998万台を記録し、2年連続で過去最高を更新。ライバルの米ゼネラル・モーターズ(GM)や独フォルクスワーゲン(VW)を抑え、2年連続の世界トップを確定させている。14年も世界販売を過去最高となる1032万台とする計画を立てている。


出典:毎日新聞【立山清也】



posted by 時事 at 18:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

松井証券が全員に臨時賞与…正社員平均100万


 インターネット証券大手の松井証券は全社員約280人を対象に、通常の賞与とは別に臨時賞与を支給する。

 株式市場の活況による業績の改善を社員に還元する狙いで、正社員120人への平均支給額は約100万円になる見通しだ。

 コールセンターなどに勤める派遣社員や本社の嘱託社員などの支給額は、100万円を下回る。松井証券は通常、毎年4月に正社員を対象に賞与を支給しており、今年は昨年と同水準の平均約100万円になる見通しという。今回の臨時賞与は通常の賞与に上乗せする形で支給する。

 松井証券の2013年4〜12月期の税引き後利益は130億円前後と、前年同期の4倍超になると見込まれる。株式市場が活況だった06年4月にも同様の臨時賞与を実施しているという。

出典:読売新聞


posted by 時事 at 18:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

20年度財政収支、3%成長・歳出抑えても「赤字6.6兆円」=政府筋

[東京 24日 ロイター] -2014年度予算案が将来の財政状況にどう影響するかを示した「後年度歳出・歳入への影響試算」の全容が24日、わかった。

国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス)の赤字は、経済成長3%を実現し、社会保障費などの歳出を削っても2020年度になお6.6兆円の赤字が残り、政府目標は達成の見通しがたたない。

試算は、経済成長3%と1.5%のいずれかの場合で、さらに歳出を抑えないケースと抑えた4パターンを想定。どうすれば国際公約である財政赤字の15年度までの半減や、その先の20年度の黒字化ができるかを示すものだ。財務省が来週の衆院予算委に提出する。

それによると15年度の「赤字半減」については達成できそう。今年4月の消費税率引き上げや景気回復による法人税収の伸びが見込まれ、14年度は5.2兆円の赤字削減が可能になった。試算では、歳出さえ抑えれば経済成長が3%、1.5%のいずれの場合でも、財政収支の赤字は13年度の23.2兆円から14.0兆円になるとしている。

しかし、その先の20年度に基礎的収支を黒字に転換させる目標については、その達成に向けた道筋は描けていない。税収が増えても過去に発行した国債の利払いなどがかさむためだ。

財務省は試算の中で、歳出を抑えず、経済成長が1.5%にとどまる最悪のケースで20年度に14.1兆円の赤字が残ると想定。歳出を抑え、経済成長が3%に達してもなお6.6兆円の赤字が残る、としている。


出典:ロイター 山口 貴也

posted by 時事 at 18:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

〔東京株式〕急落=新興国の経済不安で全面安(24日)☆差替


 【第1部】中国景気指標悪化を背景に新興国経済の先行き不安が高まったことから、ほぼ全面安の展開となり、日経平均株価は前日比304円33銭安の1万5391円56銭、東証株価指数(TOPIX)も同22.92ポイント安の1264.60と、ともに急落した。
 東証1部銘柄の91%が値下がりし、値上がりは6%だった。出来高は31億7493万株、売買代金は3兆0809億円。
 業種別株価指数(33業種)は、保険業、倉庫・運輸関連業、鉄鋼を中心に全業種で下落した。
 個別では、ソフトバンク、ファーストリテ、ファナックが大幅安となり、トヨタ、ホンダ、マツダが売られ、日立、パナソニック、キヤノンも値を消した。三井住友、東京海上、野村が下落し、日鉄住金、三菱重、商船三井が安く、コマツ、菱地所、三菱倉も下押した。こうした中、日東電工、エイチーム、日本電産が値を飛ばし、大成建、三井化学が高く、ミネベア、一工薬も上伸した。
 【第2部】4日続落。AGCapが値を消し、Jトラストは安かった。半面、音通、TYOは買われた。出来高2億2882万株。
 【外国株】軟調。出来高12万5600株。(続)


出典:時事通信

posted by 時事 at 18:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。