2013年11月30日

経済対策は5兆円台半ばに 増収で上積み、概要判明


 来春の消費増税で景気が落ち込まないようにする政府の「経済対策」の概要が、固まった。今年度の税収が予想より増える見通しのため、5兆円程度としていた予算規模を「5兆円台半ば」に上積みする。このうち2兆円弱を東日本大震災の復興関連に、1兆円程度は公共事業に充てる。

 12月上旬に正式決定する。低所得者やマイホームを買う人の負担を和らげる現金給付策として、計約5千億円盛り込む。待機児童の解消に向けた認可外保育園の支援など「高齢者・女性・若者向け施策」にも3千億円ほど充てる。

 経済の競争力強化に1兆円強を使い、東京五輪の主会場となる国立競技場の建て替えの費用なども計上する。福島第一原子力発電所の事故に伴う廃炉・汚染水対策やインフラの老朽化対策など防災・安全対策にも1兆円強を充てる。高台移転などの復興事業や、復興法人税の1年前倒し廃止で生じる財源の穴埋めには計1・9兆円を使う。

出典:朝日新聞デジタル



posted by 時事 at 14:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。